大橋弁護士が過去に担当した事件・事例

大橋弁護士が過去に担当した事件・事例

家事事件

離婚事件のご依頼は常に複数件お受けしていますし、当然ですが同じケースは一つもありません。
その中で印象的なものをいくつか挙げます。
在留資格が絡む外国籍の方の離婚事件は、フィリピンとベトナムの関連を取扱いました。
既婚者との不貞行為が相手方の配偶者に発覚した場合に、ご相談者の同居親族に知られないように窓口を務めて無事に示談解決したこともあります。
長年連絡をとっていない配偶者や遠縁の親族との交渉ごとなど。事を荒立てずかつ粘り強く、相手方からの譲歩を引き出すことは得意な方です。
同性愛者であることを隠して婚姻したものの、早期に破綻を来した事例のご相談も、複数の方からお受けしました。

交通事件(加害者側・被害者側)

最近増えていますのは、自転車同士の事故事例です。
自転車同士事故の過失割合は、裁判事例が少ないため未だ一定した基準がありません。そうした難しさに加え、自賠責保険のような強制保険制度がないため、被害者側の被害回復は加害者の支払能力に左右されることになります。
そういう場合に、加害者側でも被害者側でも、加入する損害保険の特約を調べてもらい、適用される保険を見つけ出して利用するなどの方策で、賠償額の確保に努めています。

一般民事事件

婚約破棄による損害賠償請求は、かつて訴訟まで争った事例が1件、最近では交渉解決した事例が1件あります。
国家賠償請求(国に対して、地方公共団体に対して)は、弁護団事件ですが、入管施設での暴行被害に対する事例と、警察署留置場での死亡例での訴訟を扱いました。
賃貸家屋から家賃滞納で閉め出された方のために家主と交渉したり、未払家賃の分割払い交渉(訴訟対応)をしたりすることはよくあります。

労働事件

労働審判申立事件では、セクシュアルハラスメント+パワーハラスメントで2件、適正職務評価を求める事案、懲戒解雇の撤回を求める事案、整理解雇の撤回を求める事案が各1件あります。
(労働審判は事案により善し悪しがあることを体感しています。)
不当解雇事案に対し、地位確認+賃金仮払仮処分申立でスピーディに和解解決した事例が1件。
セクシュアルハラスメントやパワーハラスメント事案では、ご相談の後早めに労働者側の窓口となることで落ちついて療養していただき、訴訟にも耐えられる気力を回復する時間を稼ぐという方法をよく選択しています。

債務整理・自己破産・個人民事再生申立事件

主に「法テラス援助」の利用により、経済的苦境にある方の自己破産や債務整理の手続を手がけています。
苦境から脱出する非常手段として生活保護申請をお勧めし、窓口での申請手続が困難な方には申請同行を行う場合もあります。
堅実な収入をお持ちの方であれば、個人民事再生手続の代理もお受けしています。

行政訴訟
  • 退去強制令書発付処分取消請求訴訟・難民不認定処分取消請求訴訟
弁護団事件
  • 安倍首相靖国神社参拝違憲訴訟(大阪)
  • ホームレス状態にある人の戸籍を利用した養子縁組の無効確認訴訟
  • 高槻マイノリティ教育権訴訟
  • アフリカ系アメリカ人入店差別損害賠償請求訴訟
  • 部落解放同盟大阪府連4支部事務所の大阪市人権文化センター内使用不許可処分取消請求訴訟
  • 銭湯での盗撮映像を用いたDVD商品の販売会社に対する損害賠償請求訴訟
  • 原子力発電所稼働差止請求訴訟(佐賀・玄海、大阪・大飯)
  • 朝鮮学校に対する無償化不適用・補助金不支給に対する訴訟(大阪)
  • 生活保護の不支給処分取消請求訴訟
    *他、プライバシー保護の見地から挙げませんが、各種訴訟を他弁護士と共同受任して取り組んでいます。
関連リンク

アクセス

もっと詳しく

大阪ふたば法律事務所

〒541-0041
大阪市中央区北浜2-1-3
北浜清友会館ビル9階

京阪電車「北浜駅」23番出口、大阪市営地下鉄堺筋線「北浜駅」2番出口より徒歩約1分

事務所ブログ

ご相談窓口

まずはお気軽にお問合せください

TEL:06-6205-9090

受付時間:平日午前9時30分~
午後5時30分

Copyright © 2014 大阪ふたば法律事務所. All Rights Reserved.