ブログ

<オススメの小説 「やさしい猫」(中島京子)【大橋】>

  外国人


 

 久々に、ブログを更新しようと思いました。

 この5月の連休は、読みかけていた小説を1つ、読み終えました。

 「やさしい猫」。親しい弁護士から、昨年10月に紹介されました。

 

 ちなみにこの弁護士とは、10年くらい前に、一緒に「難民不認定処分取消請求訴訟」の代理人をしたのです。

 「この本な、夫から『いいよ』って勧められたんやけどな。読んでたら、『あかんあかん、そこでそんなことしたら』ってハラハラしてしまうねん」

 ネタバレしないように、それしか「オススメの言葉」がなかったのですが、せっかくなので買ってみました。

 

 読み始める前の3月5日に、「やさしい猫」は第56回吉川英治文学賞を受賞していました。

 

 さらに、帯になんと書いてあるかまでは引用しましょう。

 「出会って、好きになった人と、ずっと一緒に暮らしたい。当たり前の幸せが突然奪われたのは、彼がスリランカ出身の外国人だったから。」

 

 もうちょっと私のオススメの言葉を書きます。

 
1.この小説を読んでいただくと、日本で今、外国人の生活が、日本人が国際結婚をするということが、どういうことなのか、具体的によくわかります。

 外国人には「在留資格」がつきまといます。それは入管(出入国在留管理庁)の判断で決められ、在留資格がなくなると入管施設に収容されてしまい、「退去強制処分取消請求訴訟」をしないと強制送還されてしまいます。

 収容中は、「いつ出られるか」の期限が決まっていない、絶望を感じるような状況に置かれます。「仮放免」という制度はありますが、これも入管の判断一つで決まります。また、仮放免中は働くことができず、生活保護も受けられず、他府県への移動には予め許可が要ります。

 (さらには、この状況を変えないままの「入管法改正」がまた国会上程されるおそれがあります。参議院議員選挙の後の争点となってくるでしょう。)

 
2.弁護士がよく頑張って、ハッピーエンドですので、安心して読んでください。

 モデルとなっている弁護士や、元入管職員の行政書士は、知っている人なので、目に浮かぶようでした。

 
3.もともと読売新聞の連載小説だったそうで、読んでいて「長いな」と感じました。私が日頃走り読みをしているからかもしれません。

 でも、高校生が年下の「きみ」宛に書いた手紙の体裁で進んでいくので、読みやすいです。

 

 ・・・小説を読むのがお好きな方、ぜひどうぞ。中央公論新社の単行本で、1900円+消費税です。

 

9784120054556 やさしい猫 0 中島京子 著 単行本 2021/8/19

PREV 新年のご挨拶【大橋】

アクセス

もっと詳しく

大阪ふたば法律事務所

〒541-0041
大阪市中央区北浜2-1-3
北浜清友会館ビル9階

京阪電車「北浜駅」23番出口、大阪市営地下鉄堺筋線「北浜駅」2番出口より徒歩約1分

事務所ブログ

ご相談窓口

まずはお気軽にお問合せください

TEL:06-6205-9090

受付時間:平日午前9時30分~
午後5時30分

Copyright © 2014 大阪ふたば法律事務所. All Rights Reserved.