ブログ

「お知らせ」カテゴリーの記事一覧


<今年、10連休を前にして>【大橋】

  お知らせ

今年は、今週末の4月27日(土)から連続の10連休を迎えます。

1.預金への影響

新聞など見ていますと、10連休の間は銀行も休業するため、ATMの中の現金が不足するおそれがあるとか。出す人ばかりで、入れる人がいなければ、中の現金は確かになくなりますね。
現金の引き出しは、今週の早めにしておいた方が良いですね。

他方、10連休明けの5月7日の朝には、連休中の日付で本来引落されるはずだった毎月月末や毎月5日指定等の引落ができていないので、集中して引き落とされます。
残高が不足しないよう、預金として置いておく分も考えないといけないです。



2.労働者の方への影響

月のうちの休業日が増えると、嬉しいのは月給制の労働者。給料は減らず、休みが増えるからです。
辛いのは日給制の労働者。給料が目に見えて減るからです。
そうすると「空いた日にも何かアルバイトをしよう」ということを考えると思います。
この頃はネットで登録制の仕事が得られるようですね。例えば「UberEats(ウーバーイーツ)」のグリーンの箱型リュックを背負って自転車を飛ばしている人をよく見るようになりました。
その仕組みは、ネットで「体験記」を読むことができるのでわかりますが、実は何か事故に遭った時の保障がありません。労働契約を結んでいるわけではないし、実際「労働者」とも言えないので、労災保険の適用がないのです。
副業で事故に遭って、本業の方を休業しないといけなくなったら大変です。そういう点の保護制度は、まだ行政でも検討中の段階です。気をつけてください。



3.当事務所と大橋のGW状況

当事務所は、カレンダーどおりに10連休とさせていただきます。その間は事務局は不在で、電話は留守番電話です。
弁護士は不定期に事務所に出入りすると思います。
当ホームページのインフォメーションからいただくご相談予約に対しては、その確認が不定期になりますので、10連休明けまでご返事ができないことがあります。ご了承ください。

 

なお、大橋は例年、5月1日には所属する大阪労働者弁護団の賛助団体の方が参加されるメーデーに顔を出していますので、その日には事務所に出ます。

 

あと、5月2日の朝10時から13時まで、京都の「ひと・まち交流館京都」で開催されている「どうする?憲法 パネル展」の受付でバルーンアートをしながら入場者をお迎えしています。
5月5日の午後1時半からは同じ会場で久しぶりに「憲法カフェ」をやります。

 

あちこち出歩きもするのですが、せっかくの機会ですので、事務所も自宅も片付けをしたいものです。

IMG_7516 20190422

年の始めのご挨拶【大橋】

  つぶやき

もう1月も半ば。
遅くなりましたが、今年もよろしくお願いいたします。

 

副会長業務の合間に事務所で用事を片付ける生活も、あと2か月半となりました。
4月からは一弁護士に戻るので、ブログで定期的に発信をしたいものだと思いつつ、次年度執行部へ引き継ぐ仕事、終わらせる仕事、これから急いで土俵に乗せる仕事(!)と振り分けていくつもりです。

 

2019年賀状文面(大橋先生)東海版

新年あけましておめでとうございます。【大橋】

  つぶやき

新春のお慶びを申し上げます。

 

旧年中はお世話になりました。

 

日本国憲法の改正議論がますます現実化する中で、そもそも自分の足許で民主主義を実践できているのだろうか、

という思いを懐くようになりました。

自分の足許とは、居住する地域であり、また、職能団体かつ自治組織である弁護士会です。

 

例えば、弁護士会で女性役員の割合が3割に満たない現状。

「クリティカル・マス(量的変化が質的変化に転じる境目)」として、「3割」は重要な意味を有するそうです。

女性に限りません。外国籍の人、障害者、生活困窮者etc.

要するに、多数派に属する人が7割以上を占めてしまうと、議論の多様性が弱まるということです。

 

あらゆる立場の人の状況を広く視野に入れて、「ソーシャルインクルージョン(社会的包摂)」の理念で

自らの居場所を主体的に作っていきたいと思います。

 

「憲法カフェ」の講師にも、引き続きお呼びください。

 

本年もよろしくお願いいたします。

 

2018年 新春

 

2018年賀状文面(大橋先生)

「イタリアには精神科の専門入院施設がない」ということの示唆(大橋)

  つぶやき

2016-12-31-11-46-02

新年明けましておめでとうございます。今年も「憲法カフェ」講師に引き続き取り組みたいと思います。お声がけをよろしくお願いします。

 さて、正月3日に、大阪市内の「第七藝術劇場」で6日までの限定興行の映画、「むかしMATTOの町があった」を観てきました。

 「MATTOの町」とは、精神科病院のことだそうです。

 イタリアで1960年代末から、「マニコミオ」(精神科病院)に精神科患者を治安目的で強制収容し強制治療をしている実態を変える改革が始まりました。その立役者、フランコ・バザーリオ医師が、37歳で大学教員を体よく追い出されてマニコミオの院長になり、どのように現場を改革していったかを描きます。最後には「バザーリオ法」と呼ばれる180号法を1978年に制定させ、強制収容先のマニコミオを消滅させました。

 もちろん、開放処遇にし、家庭・地域に返す中では、トラブルは起こります。家族からの拒絶、暴行事件、自由な男女交際の末の妊娠などなど。

 しかしそうしたトラブルは、「誰でも長いこと家族と引き離されれば起こること」であり、「恋愛をすれば起こること」であって、「だから精神科病院はもっと厳しく患者を統制しないといけない」という結論を招く証拠にはなりません。

 イタリアで奇跡のような歴史の偶然により実現したともいえる、精神科病院をなくす運動。今は右派の巻き返しもあるそうですが、現に実現できたことならば、日本でもできそうだ、という希望を与えてくれる映画です。

 日本では、2014年の統計で、入院患者総数131万8000人のうち、精神科の入院患者は26万5000人もいます。他の疾患と比べて精神科の特徴的なのは、通院患者と入院患者がほぼ同数だということです。入院患者比率がものすごく多い。これは「社会的入院」つまり外に受け入れ先がないからやむなく入院している人の多さを窺わせます。

 今年は、特に「ヘイトスピーチへの取り組み」、日本における排外的な空気の更なる台頭(前からあったものが嵩じてきた)とどう取り組むか、そして「障害者差別への取り組み」、効率重視・能力重視の価値観とどう取り組むか、を念頭に置いて、考え発信していこうと思います。

 それらは、ひいては”個人の尊重”という憲法の理念が軽んじられている風潮にどう取り組むか、ということです。

2017-01-03-21-26-07

アクセス

もっと詳しく

大阪ふたば法律事務所

〒541-0041
大阪市中央区北浜2-1-3
北浜清友会館ビル9階

京阪電車「北浜駅」23番出口、大阪市営地下鉄堺筋線「北浜駅」2番出口より徒歩約1分

事務所ブログ

ご相談窓口

まずはお気軽にお問合せください

TEL:06-6205-9090

受付時間:平日午前9時30分~
午後5時30分

Copyright © 2014 大阪ふたば法律事務所. All Rights Reserved.