ブログ

「第27回 大阪弁護士会・ソウル地方弁護士会 交流会」【金】

  弁護士業務

10月12日(月曜)に開催された大阪弁護士会・ソウル地方弁護士会の交流会に参加しました。

 

大阪弁護士会(以下「大阪会」)は、今では、ソウル、カリフォルニア州(国際法セクション)、バルセロナ、香港、台北、シンガポール等の外国の弁護士会と友好協定を締結しています。

そのうち、最初に友好協定を締結したソウル地方弁護士会(以下「ソウル会」)との交流会も、毎年回数を重ね、今年は27回目となりました。

私は、2011年の第18回交流会から、大阪会でセミナー資料の日本語訳、当日の通訳等を担当しており、記念すべき10回目の参加となりました。

 

ソウル会との交流会は、年1回、1年ごとにソウルと大阪で交互に開催しており、今年は、ソウルで開催する予定でした。しかし、年初からの新型コロナ感染拡大により日韓の相互往来が困難になったことを受け、ソウル訪問を断念し、ZOOMを利用したオンラインで開催することにしました。

 

本年の交流会は「弁護士会の役割」、「新型コロナウィルス感染症下における両国法曹界の対応策」という2つのテーマでシンポジウムが行われました。

(質疑応答でのZOOMの画面。右上の「OBA Interpreter」が私です。)

 

特に、新型コロナに対する対応策に関する韓国の動きの素早さに目を引かれました。

 

韓国は、日本ではオンラインで期日を開くことができる弁論準備手続について、以前にはオンライン裁判をすることができなかったのですが、新型コロナ拡大を受け、今年6月に素早く民事訴訟規則を改正しオンラインで弁論準備期日を開くことを可能にしました。

 

この交流会の前にも、韓国で、法廷のスクリーンに当事者代理人を映し出して、オンラインで期日を進める様子が報道されていました。

 

連合ニュース 2020.3.18.「コロナ19拡散防げ…大邱高裁、初のリモート映像裁判」

https://www.yna.co.kr/view/AKR20200318122900053

 

韓国では、書面をオンラインで提出する「電子訴訟」が一般化しており、ずいぶん以前から、当事者から提出された書面ファイルを映し出すためのスクリーンが法廷に備え付けられていることに加え、将来のオンライン裁判に備えて、2017年中にリモート裁判のためのシステム・設備を既に導入していたそうで、今回のリモート裁判実施のうえで、設備面での大きな不都合は無かったとのことでした。

 

その他にも、仮処分等の保全事件の審問期日をオンラインで開いたり、ソウルの回生法院(倒産裁判所)の庁舎では、オンラインで期日を開くための審問室6部屋が既に設置された、などの報告もありました。

 

最後に、両会の会長から、ともに、来年は、コロナが終息して対面で交流会議を実施できるようになること、その日まで両会の皆さんが健康に過ごされることを祈念する旨の挨拶を述べられて、交流会がお開きとなりました。

 

今回、新型コロナのために開催自体が危ぶまれましたが、日韓の弁護士の交流を継続するために、両会がオンライン開催に挑戦した意義深い交流会となりました。

 

オンラインによる国際セミナーは、通訳が関与する場合には、対面によるセミナー以上に準備事項が多く、例年にない苦労がありました。

 

当日、オンラインという方法による小さなトラブルがいくつかありましたが、全体的に大過なく行事を終えることができました。

ホストを務めたソウル会の事務局の皆さんが、非常に詳細なマニュアルを作成して周到に事前準備をされ、それに基づき両会で事前のリハーサルを重ねた成果ではないかと思います。

ご準備を担当された両会の事務局の皆さんに、厚く御礼申し上げます。

 

大阪会も、ソウル会も、今回の交流会が、互いに、初めての海外の弁護士会とのセミナーの開催だったとのことです。

両会ともに、今回の経験を今後に活かし、コロナ禍の最中ではありますが、活発な国際交流につなげていただければ幸いです。

 

#弁護士会 #日韓交流 #新型コロナ #ZOOM

PREV Kim & Chang「2020 韓国投資Q&A」【金】

アクセス

もっと詳しく

大阪ふたば法律事務所

〒541-0041
大阪市中央区北浜2-1-3
北浜清友会館ビル9階

京阪電車「北浜駅」23番出口、大阪市営地下鉄堺筋線「北浜駅」2番出口より徒歩約1分

事務所ブログ

ご相談窓口

まずはお気軽にお問合せください

TEL:06-6205-9090

受付時間:平日午前9時30分~
午後5時30分

Copyright © 2014 大阪ふたば法律事務所. All Rights Reserved.