ブログ

「お知らせ」カテゴリーの記事一覧


<今年、10連休を前にして>【大橋】

  お知らせ

今年は、今週末の4月27日(土)から連続の10連休を迎えます。

1.預金への影響

新聞など見ていますと、10連休の間は銀行も休業するため、ATMの中の現金が不足するおそれがあるとか。出す人ばかりで、入れる人がいなければ、中の現金は確かになくなりますね。
現金の引き出しは、今週の早めにしておいた方が良いですね。

他方、10連休明けの5月7日の朝には、連休中の日付で本来引落されるはずだった毎月月末や毎月5日指定等の引落ができていないので、集中して引き落とされます。
残高が不足しないよう、預金として置いておく分も考えないといけないです。



2.労働者の方への影響

月のうちの休業日が増えると、嬉しいのは月給制の労働者。給料は減らず、休みが増えるからです。
辛いのは日給制の労働者。給料が目に見えて減るからです。
そうすると「空いた日にも何かアルバイトをしよう」ということを考えると思います。
この頃はネットで登録制の仕事が得られるようですね。例えば「UberEats(ウーバーイーツ)」のグリーンの箱型リュックを背負って自転車を飛ばしている人をよく見るようになりました。
その仕組みは、ネットで「体験記」を読むことができるのでわかりますが、実は何か事故に遭った時の保障がありません。労働契約を結んでいるわけではないし、実際「労働者」とも言えないので、労災保険の適用がないのです。
副業で事故に遭って、本業の方を休業しないといけなくなったら大変です。そういう点の保護制度は、まだ行政でも検討中の段階です。気をつけてください。



3.当事務所と大橋のGW状況

当事務所は、カレンダーどおりに10連休とさせていただきます。その間は事務局は不在で、電話は留守番電話です。
弁護士は不定期に事務所に出入りすると思います。
当ホームページのインフォメーションからいただくご相談予約に対しては、その確認が不定期になりますので、10連休明けまでご返事ができないことがあります。ご了承ください。

 

なお、大橋は例年、5月1日には所属する大阪労働者弁護団の賛助団体の方が参加されるメーデーに顔を出していますので、その日には事務所に出ます。

 

あと、5月2日の朝10時から13時まで、京都の「ひと・まち交流館京都」で開催されている「どうする?憲法 パネル展」の受付でバルーンアートをしながら入場者をお迎えしています。
5月5日の午後1時半からは同じ会場で久しぶりに「憲法カフェ」をやります。

 

あちこち出歩きもするのですが、せっかくの機会ですので、事務所も自宅も片付けをしたいものです。

IMG_7516 20190422

「やりがい過労死」を考える~~4月25日過労死防止大阪センター シンポのご案内【大橋】

  お知らせ

過労死等防止対策推進法ができ、大阪にも過労死防止大阪センターが設立されて、5年目を迎えました。

 

第5回の今年の総会は、シンポジウムのテーマが「「やりがい過労死」を考える」とされました。

 

「教師は生徒のために、勤務医・看護師は患者のために、盛況の職員はその理念のために、さらには会社員もその会社のために・・・
それぞれの思いをもって長時間勤務を行うなかで「やりがい過労死」が生じています。
「やりがい過労死」を生み出す「自発的」な長時間勤務の下には、使用者に「やりがい搾取」とも言える勤務時間管理があるのでは・・・」

 

この「やりがい搾取」の実態をはっきりさせる企画。ぜひご参加ください。

 

私も、「ハラスメント防止対策の法制化をめぐる情勢」として、当日まで法制化の進行状況をまとめてご報告する予定です。

 

20190425(チラシ)過労死防止総会シンポ

大阪弁護士会副会長 任期満了のご挨拶【大橋】

  お知らせ

春爛漫の候、ますますご健勝のことと存じます。

 

さて、この3月にて、大阪弁護士会の副会長の任務を終え、通常業務に戻ることになりました。

 

一年任期とはいえ、就任数か月前から何かと準備があり、相談者・依頼者の皆さまにはご迷惑をお掛けいたしました。
弁護士会の会務は、同業者団体の世話役という以上の重要性があります。
「基本的人権の擁護と社会正義の実現」、この大看板を維持するため、一年力を尽くしました。
また、第三次男女共同参画推進基本計画も策定しまして、役員に占める女性の割合を会員内の女性の割合にまで引き上げる(具体的には女性役員2名以上)仕組みを検討することになりました。
弁護士会が時代に遅れることのないよう、次年度の役員にも頑張ってもらいたいと思います。

 

では、またお気兼ねなくご相談いただければ幸いです。

 
20180108顔写真(大橋)

次年度大阪弁護士会副会長当選のご挨拶【大橋】

  お知らせ

去る1月19日をもちまして、私こと、大阪弁護士会の次年度副会長に、他6名とともに当選いたしました。

 

立候補の決意をすることとなってから半年。

これまで弁護士として人権擁護委員会関係の活動や、労働関係の事件に関わり、弁護団事件を経験してきた「マチベン」から、次年度は既に4500名を超えた大阪弁護士会の会務を1年間任されることとなりました。

その責任は重いものがありますが、副会長7名で竹岡登美男次年度会長を支え、弁護士会の業務の充実と改善のために努力したいと思います。

 

特に気に掛けていますのが、役員における女性の割合です。今年度は女性副会長が2名でした。次年度は、女性は私のみです。

男女共同参画の見地から、今や行政機関では委員の構成で「女性を3割」にすることが目標とされています。当会に外部委員の推薦を求められるとき、「できれば女性の委員をお願いしたい」という条件が付けられることがよくあります。

「3割」という割合は、クリティカル・マス(量が質に転化する分岐点)という重要な割合であるそうです。

しかしながら、大阪弁護士会の役員(会長・副会長)で、これまでに女性が3割を超えたことはありません。

 

女性という属性に限らず、小規模事務所、外国籍の弁護士、企業内弁護士、障害を持つ弁護士等、少数派が一定割合以上を占めることによる議論の広がりと深化が重要だと考えます。

それで、役員にも「多様性」が確保できるよう、業務の簡素化、負担の軽減(弁護士業務との両立のしやすさ)を図りたいと思っています。

 

弁護士がそれぞれ多様な個性をもって業務に取り組むことで、法的サービスの提供にも幅が広がり、弁護士の存在が一層身近で、依頼のしやすいものになることでしょう。

 

1年間、ご依頼の業務に従事する時間、お受けする事件を控えることにはなりますが、どうぞご支援を賜りますよう、お願いいたします。

s-20180108顔写真(大橋)31KB

アクセス

もっと詳しく

大阪ふたば法律事務所

〒541-0041
大阪市中央区北浜2-1-3
北浜清友会館ビル9階

京阪電車「北浜駅」23番出口、大阪市営地下鉄堺筋線「北浜駅」2番出口より徒歩約1分

事務所ブログ

ご相談窓口

まずはお気軽にお問合せください

TEL:06-6205-9090

受付時間:平日午前9時30分~
午後5時30分

Copyright © 2014 大阪ふたば法律事務所. All Rights Reserved.